費用を抑えて確実にいぼを除去するのなら切除手術がおすすめ!

ウイルスの侵入を防ごう

女性

感染経路を遮断する

ウイルス性いぼは、老人性いぼよりも厄介なので、悪化をする前に早急に切除をした方が良いでしょう。切除手術であればいぼ部分を丸ごと取ってくれるので、皮膚にウイルスを残さずに治療してくれます。しかし、老人性いぼと違い、ウイルス性のいぼは周囲に感染してしまうので、被害が出る前に病院で切除をすると安心です。ウイルス性いぼができて、状態が悪くなってしまうと切除をするのも難しくなるので、できるだけウイルスにかからないように常に予防をしておくといいでしょう。ウイルス性いぼの予防方法は、傷を作らない事です。ウイルスは小さな傷でも侵入してくるので、怪我をしたらすぐに消毒をするようにして下さい。特に顔は他の部位よりも皮膚が弱いので、顔を傷つけないように気をつけましょう。ウイルスが侵入していぼができてしまうと完治するまでに時間がかかりますので、いぼができるのは避けたいところです。傷以外にも肌が清潔な状態でなければ、ウイルスが付着しやすくなります。肌の汚れを放置してしまうと古い角質が溜まってしまうので、ウイルスだけではなく、老人性いぼもできる場合があります。ウイルスを寄せ付けないように肌を清潔な状態にしておきましょう。洗顔をする際は強く擦らないようにして下さい。肌にダメージを与えてしまえばウイルスが侵入しやすくなります。タオルも定期的に変えて、清潔で新しいタオルを使うようにして下さい。傷を作らなくても、体が弱っている時もウイルスは侵入してきます。免疫力が低下しないように健康に気を使う事も大事です。病院から処方される内服薬には、免疫力を高めてウイルスの侵入を防いでくれるヨクイニンが入っていますので、予防の為に飲んでおくのもいいでしょう。ウイルス性いぼを切除した後にヨクイニンを摂取しておけば、再発する心配はなくなりますよ。顔にできるいぼは、ウイルス性がほとんどなので、ウイルスを寄せ付けないように肌を清潔に保つようにしましょう。