費用を抑えて確実にいぼを除去するのなら切除手術がおすすめ!

注射でいぼを除去できる

顔に触れる女性

注射でいぼを除去できる

あまり痛みを感じずにいぼをなくしたいのであれば、注射でいぼを除去する方法もあります。いぼ部分に注射を打つだけなので、いぼの数や大きな等によりますが、切除手術やレーザー治療よりも早く終わらせる事ができます。注射の中に入っている薬をいぼ部分に注入する事で、いぼを固くします。いぼが固くなる事でかさぶたが剥がれるみたいにいぼを簡単に取る事ができます。いぼを除去してくれる成分が入っている薬を使用しているので、ほとんどのいぼを注射だけで除去できます。特にウイルス性のいぼに効果があります。ウイルス性のいぼは放置してしまうと悪化してしまいます。切除手術でウイルス性のいぼを除去する事ができても、ウイルスが排除されていない限り、ウイルス性のいぼは何度もできます。ウイルス性のいぼは、他のいぼと違い周囲に感染する危険性があるので、被害が大きくなる前に早めに除去しないといけません。ウイルス性のいぼに注射で薬を送る事で、ウイルスの活性化を防いでくれます。ウイルスの働きが弱くなれば、いぼが悪化する事なく、周囲に感染する心配もなくなりますよ。薬によってウイルスを撃退してくれるので、再発する事もありません。レーザー治療や切除手術の場合ですといぼができた部位によっては、除去する事ができない事もあります。しかし、注射であればどこの部位にいぼができても、簡単に除去してくれます。注射だと少しチクリと痛みがあるだけなので、メスなどを使用していぼを切除するのに不安な方にはおすすめです。傷跡も残りませんので、治療後に入浴ができ、絆創膏やガーゼなどで治療をした部位を保護する必要もありません。ただし、いぼの悪化が進んでいれば注射だけで完治をするのが難しい場合もあります。1回の治療で完治できる事が多いレーザー治療と切除手術と違い、注射だといぼの状態によっては継続的に通院しないと治らない事もあります。また、料金も病院によって異なりますので、完治するまで何度も治療を続けると高額になってしまうこともあるので、注射でいぼを除去するのであれば治療にかかる料金を把握しておかないといけません。いぼができたばかりであれば、注射で完治できますので、早めに対処する事が大切です。