費用を抑えて確実にいぼを除去するのなら切除手術がおすすめ!

切除手術の特徴

医者

いぼを丸ごとくり抜いて切除する

いぼの治療方法の一つにレーザー治療があります。レーザー治療とは、炭酸ガスレーザーを使用していぼを除去する方法です。老人性やウイルス性どっちのいぼでも治療可能であり、切除手術と比べると痛みや出血が少なく、傷跡が残りにくいというメリットがあります。しかし、レーザー治療は病院によって料金が違っていたり、保険が適用されないので治療費が高額です。顔などの目立ちやすい部位にいぼができたのであればレーザー治療だけで除去する事はできますが、目立ちにくい部位にいぼができた場合はレーザー治療だけで除去できない場合もあります。レーザー治療で除去できない部位にいぼがあれば、切除手術を受けると良いでしょう。切除手術は、メスや医療用のハサミなどの器具を使用して、いぼ部分を切り取ります。レーザー治療と同じくいぼが悪化していなければ、1度の治療を受けただけでいぼが完治できる事が多いです。ただし、切除手術を受けると専用器具を使っていぼを丸ごと切除するので、痛みや出血が伴う事があります。傷跡も残りやすいので、手術後は傷薬を塗って、ガーゼなどで保護をしないといけません。痛いのが苦手な方はカウンセリングの時に不安を伝えておくと、麻酔を使用して切除手術をしてくれるので、安心して下さい。レーザー治療だと料金が高いですが、切除手術の場合は保険が適用されます。保険が適用されるので、いつでもお得な価格で治療を受ける事ができます。いぼの治療効果を高めたいのであれば、レーザー治療と切除手術を両方受けるのもいいでしょう。いぼができた部位によって、治療方法を使い分ける事で効率よくいぼを完治する事ができますよ。他の治療法と併用することで費用を抑える事もできるので、まずは医師に相談してみて下さい。実績豊富な医師であれば患者の要望に合った、治療方法を提案してくれますよ。美容外科や美容皮膚科などのほとんどの病院で切除手術を受ける事ができるので、選択肢に入れておくのもいいでしょう。