費用を抑えて確実にいぼを除去するのなら切除手術がおすすめ!

いぼを凍らせる

顔に触れる女性

低温やけどを起こして細胞を破壊

切除手術以外に保険が適用されるのが液体窒素です。液体窒素とは、いぼがある部分の細胞を破壊する事でいぼを除去する方法です。いぼがある部分にマイナス196度の低い液体窒素を当て続ける事で、皮膚を凍結させます。皮膚が凍結すると低温やけどを起こすので、皮膚の細胞を破壊していきます。いぼがある部分の細胞を破壊していくと、皮膚が固まっていくのでいぼが剥がれて、除去しやすくなるのです。症例数が多く、いぼの除去だけではなく他の病気にも使用されているので、安全性はとても高いです。液体窒素は専門医しかできない治療方法なので、外科も備えている病院であればどこでも受ける事ができます。保険も適用されるので、切除手術と同じように自己負担額が少なく、費用を抑えながら治療を続ける事ができるメリットがあります。しかし、注意をしないといけないのが液体窒素も切除手術と同様に強い痛みを伴う事があります。液体窒素を当てる事で低温やけどを起こしてしまうので、治療中は痛みに耐えないといけません。特にいぼが小さすぎると液体窒素が当てにくいので、皮膚が傷つけやすくなります。痛みを伴わずに液体窒素で治療を受けたい場合は、麻酔を使用して治療を受けたいと医師に伝えておくと良いでしょう。麻酔を使用しておくと痛みを抑える事ができます。また、液体窒素を当てた部位と患者の体質によっては治療後に色素沈着が起こる事もあります。目立たないいぼを除去するのであれば液体窒素でも問題ありませんが、色素沈着が嫌であれば確実にいぼを除去できる切除手術や痛みなくいぼを治せるレーザー治療など他の治療方法を選んだ方が良いでしょう。液体窒素は切除手術と違い、完治するまで長期間かかります。数週間かけて液体窒素を当てる事でいぼを除去するので、時間やお金をあまりかけずに治療をするのであれば切除手術が1番です。しかし、保険が適用されるだけあって、いぼが複数できても料金が高くなる事はありませんので、一度試してみるのもいいでしょう。