費用を抑えて確実にいぼを除去するのなら切除手術がおすすめ!

医者

切除手術の特徴

切除手術はその名の通りメスなどの専用器具を使用していぼを除去します。確実にいぼを切除する事ができますが、痛みや出血が伴います。希望があれば麻酔を使用して手術をしてくれるので、痛みを抑える事ができますよ。

詳しく見る

顔に触れる女性

注射でいぼを除去できる

痛みをあまり感じずにいぼを除去するのであれば注射がおすすめです。ただし、いぼが悪化していると何度も通院する必要があります。切除手術と違い保険は適用されないので、費用を抑えたいのであればいぼが悪化する前に治療をしましょう。

詳しく見る

顔に触れる女性

いぼを凍らせる

切除手術以外で費用を抑えて治療できるのが液体窒素です。この治療方法は、いぼ部分を凍結させることで皮膚の細胞を破壊して除去していきます。完治するまで継続的に通院しないといけませんが、複数のいぼを治療しても料金が変わらない利点があります。

詳しく見る

女性

紫外線対策をする

いぼを切除しても安心してはいけません。なぜなら、いぼを切除しても肌を傷つける行為をしてしまうと再発する恐れがあるからです。再発を防ぐ為にも紫外線対策をして、肌が乾燥しないようにスキンケアを忘れないようにしましょう。

詳しく見る

女性

ウイルスの侵入を防ごう

切除をすればウイルスを残さずにいぼを除去できます。ウイルス性いぼができると周囲に感染してしまうので、いぼができるのは避けたいところです。免疫力を高めるとウイルス性いぼの再発を防ぐことができますよ。

詳しく見る

薬だけで完治は難しい

顔に触れる女性

病院でいぼを切除した方が安心

顔や体にいぼができたら、市販薬で治療できると思っていませんか?いぼを治療できる市販薬は増えていて、ドラッグストアですぐに入手する事ができます。市販薬であれば、病院でいぼの切除手術をするより料金も手頃です。確かに市販薬でいぼを治療する事ができれば時間やお金をかける事はありませんが、いぼの種類によっては薬だけで完治ができない場合や悪化する場合もある事を理解して、使用をしないといけません。いぼには老人性いぼとウイルス性のいぼがあります。老人性のいぼは年齢を重ねるごとにできるいぼの事を言います。老人性とついているので、若い人にはできないイメージがありますが、実は若い人にも老人性いぼができることもあるのです。老人性いぼができる原因は、加齢以外にも肌ダメージの蓄積が挙げられます。肌を保湿していなかったり、長時間紫外線を浴びたりするなど肌に良くない行動を続けていくと年齢関係なく、いぼができてしまいます。老人性のいぼは、良性が多いので市販薬で治療する事は可能ですが、即効性はありませんので完治するまで長期間治療を続ける必要があります。市販薬だけで治療するのが最も難しいのがウイルス性のいぼです。ウイルス性のいぼは免疫力が弱くなっている時や怪我をした時にできるいぼなので、周囲感染する危険性があります。ウイルス性のいぼを放置してしまうといぼが広がってしまい、大きくなっていきます。いぼが大きくなってしまうといぼを切除するにも時間がかかりますので、早めに取り除く必要があります。医師に相談をすれば内服薬で治療する事もできます。いぼの内服薬には免疫力を高めてくれるヨクイニンが入っているので、毎日飲むことでウイルスの侵入を防ぎ、健康を維持してくれます。しかし、直接的にウイルスを撃退する訳ではないので即効性は期待できません。顔や体にできたいぼを早く治したいのであれば、病院で切除手術を受けると良いでしょう。切除手術であれば1回の治療でいぼを綺麗に取ってくれますよ。切除手術以外にもいぼの治療方法は昔と比べて、増えてきていますので、自分に合った治療方法を選ぶ事ができます。